オーダーメイドの違います

スーツ

コストの抑え方

サラリーマンの戦闘服といわれるビジネススーツ。最近では既存のスーツでは一着三万円程で購入できるものも出てきました。そして最近では一昔前まで高級路線であったオーダーメードのスーツでも、既存のスーツと変わらない値段で仕立てられるものが出てきました。自分の体型専用に作られたオーダースーツは、既存のものと比べても着こごちも相手に与える印象も違います。ただ既存のスーツと同様、オーダースーツは元々高級路線なので、拘りによって価格が非常に上下します。どうすれば価格を抑えることができるでしょうか。オーダースーツの価格は職人による仕立て工賃と、材料費が多くを占めています。仕立ては機械がメインか職人の手作業がメインか、材料は国産の生地かイタリアのブランド生地かでは価格が大きく変わります。なるべくコストを抑えたいなら、自然に国産生地を機械仕立てで仕上げてもらうことになりますが、テーラーは価格は抑えても品質は妥協をしませんので、出来栄えについては高級なスーツとも見劣りはしないでしょう。素材も大事ですが、オーダースーツを選ぶ理由として自分にジャストなサイズのものを着れるということでしょう。スーツを着た印象は八割方サイズで決まるといわれています。素材や製法の価格の面を抑える代わりに袖丈や着丈はもちろん、ポケットの位置などの自分の好みをテーラーに伝えて希望をはっきりしておくことは必要でしょう。これを守るだけで、値段以上のオーダースーツを手に入れることができます。

Copyright© 2018 オーダースーツの作成はプロに依頼【個人の体に合わせて作成】 All Rights Reserved.